女の子が使い物にならなくなりました

投稿日:2016年3月7日

女の子とホテルに入ってしばしトークしたあと、股間をいじられつつ息が止まるようなディープなキッスで頭がとろとろになります。デリヘル嬢が攻められると弱いと聞いたので、鼻息も荒くバスタイム。一緒にバスタブ荷入って対面の姿勢で、おまんこを触るとヌルっとした感触です。これでスイッチの入った私は、果敢に攻めに転じます。クリトリスをこりこりするとまず声がすごいのですよ。おまんこのぬめりを利用して、クリトリスを覆っている皮を全部剥いて露出させます。そのままお湯からおまんこを出してからクンニを始めると女の子も身をよじってかんじまくります。指入れとクリ舐めで一気に女の子が逝ってしまうと。そこからは女の子逝きの連続で何度行ったから数え切れないくらい逝って、文字通り腰も立たないくらいとなったので、ここでまさかのお役御免ですよ。ですから、私もまさかのオナニーフィニッシュとなりました。こういうこともあるのですけど、女の子が本気逝きするのも珍しいですからこれはこれでいいのかもしれません。

肉弾戦がすごすぎました

お気に入りの女の子が在籍だったので、速攻で指名しましたよ、一瞬の遅れで女の子を取られてしまうということを今まで何度も経験してきましたから、思ったら即行動というのが鉄則ですね。待っていてもろくなことがありませんから。ということで待ち合わせて女の子と一緒にホテルに入ります。女の子はもう3度目かな波長の合う女の子でずっと一緒にいたいな、なんてガラにもなく思えるような女の子ですよ。まあ、近寄ったら離れていくのが風俗嬢ですから、ちょうどいい距離感でつきあっていきたいですよね。部屋に入って、トークからスタート。その間にも、バスタブにお湯を張ったりと抜かりがないのでこのデリヘル嬢のいいところですよ。今回はセミロングで時間にも余裕があったので、結構長いこと、トークしてました。バスルームでは、ボディ全身を綺麗に洗ってくれます。まさに殿様待遇ですよ。ちんこをこってりしごかれて、その流れのままベッドへ行きます。ベッドでも散々いちゃついてしまって、肉弾戦の中2発発射しました。