音楽のある生活

お気に入りのバイオリンケースなどを紹介するよ!

バイオリンケースを選ぶ時にもっとも大事なものは何だと思いますか?

それはシェルが堅いことです。

 

ここが一番重要なポイントになります。

また、それにともなって蓋が堅くて頑丈であることが条件になります。

 

 

まずはこの条件をクリアしたものでなければ、

バイオリンケースとして意味をなさないのでご注意ください。

なぜ頑丈でかつ堅くないと行けないのかは、

バイオリンのもっとも損傷を受けやすい部分が駒の周囲の表板にありますので

ここを守るためにも頑丈さが必要になります。

 

この部位は構造の中でも最も大事な部分なので

傷つけられません!

 

また、蓋のシェルから駒の距離はあるほうがいいので、

ケースにはある程度の重みも重要になってきます。

 

しかし、この重みは最近では改良されているものがたくさんでていますので

必ずしも当てはまるわけではありません。

弓や駒を簡単に動かしたり、押さえつけてしまう蓋はバイオリンケースとしてだめなので

気をつけましょう。

バイオリンケースを選び際にはやはり大きさを図らないと行けませんね。

ここがクリアできないと好きなバイオリンケースがあったとしても

入りませんので持ち運びできませんよね。

 

バイオリンケースの大きさに関しては弓の長さで規定されています。

バイオリンがしっかりと包まれている状態がベストなので、

大きくても小さくてもだめなんです。

 

 

なので、バイオリンをバイオリンケースに入れて振った時に

かたかたと音がなるようではサイズがあっていないということです。

バイオリンはしっかりと中の素材でホールドされていれば、

音がすることはないのでまずはそこをしっかりと見極めましょう。

 

ブランドやメーカーによってもバイオリンケースの大きさや形は異なっているので、

自分があっていると思っても実際に入れてみるとサイズが間違っていたなんてこともありますので要注意です。

バイオリンケースの重さに関してですが、重いほど保護に有効であることがわかっています。

マタ、重みとバイオリンケースの価格は比例していて重いほど効果なものが多いことを覚えておいてください。

 

こういったバイオリンケースにはバイオリンの形をそのまましたものと

角形ものの2種類があります。

どちらが優れているかは一般的には角形だと言われています。

 

最初のバイオリンケース選びでは角形で重いものをチョイスすることで

失敗のないバイオリンケース選びができますね。

 

もしバイオリンの形をしたケースを選ぶのであれば

2つめがいいかもしれません。

こちらは軽量化されたものが多いので、

2つ目として持ち運びに便利です。

軽いので魅力的ですので1つ目に選びがちですが、、、

 

最初に購入するにはまず高価なものでも

しっかりと保護できるものを選びましょう。

バイオリンケースは蓋を開け閉めする方法は

ファスナーがもっとも良いとされています。

 

最近ではファスナーが多いのですが、

止め金具などで締めるものもでてきています。

その場合は金具から留め金などが突き出ていないかなど確かめましょう。

 

ファスナーであればバイオリンを痛める心配がありませんので、安全です。

 

また、シルク袋に入れてケースに収納するのもバイオリンにとっては

有効な保管手段になりますので、シルク袋もあるといいですよ!

弓の収納は怪我下向きに収納ができるものがベストです。

弓の収納クリップがしっかりしているかも確かめて、

素材も見たほうがいいですね。

 

おすすめは柔らかいプラスチックがおすすめです。

 

高価なものなので、しっかりとチェック項目を作って

 

クリアしたものを買いましょう!

バイオリンケースのブランドは多岐にわたります。

 

どんなブランドのものを選んだらいいかわからないですよね。

そこで私が愛用しているおすすめのブランドをご紹介します。

 

そのブランドがフランスBAM社のバイオリンケースになります。

こちらのブランドは高級ラインなので結構値が張るものになりますが、

とても頑丈でおすすめのブランドです。

 

デザインもかっこいいものが多く、形は角形になります。

角形ですが軽量化されていて、衝撃にも強く、断熱性にも優れているので

バイオリンの保管にはベストなブランドになります。

 

価格はデザインや素材によってもまちまちですが、

大体10万円前後はかかります。

 

こちらのブランドは近未来的なデザインがかっこよくて、

メタリックなデザインのシリーズなども人気のブランドです。

その他にはカラーリングが施されたシリーズも有り、

こちらは色鮮やかで女性でも使いやすいデザインになっています。

 

まず最初にもつには少し高価かもしれませんが、

おすすめのブランドです。

音楽へ興味を持ったのがあの有名な漫画ののだめカンタービレです。

あれをみるとだれでも音楽をやってみたい。

音大にいって音楽の道を目指したいと思いませんか?

 

私は大いに影響をうけてしまいました。

のだめはピアノでしたが、私が興味をもったのはバイオリン。

 

バイオリンはオーケストラの中でも必須の楽器になっていて、

やっぱり目立ちますよね。

 

ソロパートなどもかっこいいし、のだめカンタービレをみていてもコンマスというコンサートマスターはヴァイオリニストが行っています。

なので、指揮者もすごいですがヴァイオリニストはオーケストラの中心担っているんです。

 

バイオリンが生活のなかに密着してあったわけではありませんが

よくクラシックを聞いていたこともあるので、

バイオリンの習い事など始めてみようかなとも、思っていたりします。

今は簡単に習い事を始められる時代ですし、

大人の習い事がトレンドにもなっているのでバイオリンも気軽に始められそうですね。

 

弦楽器のある生活はなんとなくリッチというかとても素敵で生活にも潤いを与えてくれそうです。

バイオリンで思い出すのが葉加瀬太郎さんの情熱大陸ですね。

バイオリンで奏でるあの音楽はとても素晴らしいと思います。

 

あれだけ情熱的なバイオリン音楽を引ける人はなかなかいませんよね。

 

バイオリニストですが、ある意味ミュージシャンでもあります。

遠い親戚には鉄腕アトム」主題歌の作曲家として有名な高井達もいるそうです。

 

なので、音楽のある生活のなかで育ったんでしょうね。

自分はそんなに音楽が日常的に合ったわけではありませんが、

やはり身近に音楽をしているか音楽のレッスンをしていると不思議と興味をもつのが音楽なのかもしれません。

 

子供には絶対音感になってほしいわけではありませんが

ある程度音楽に慣れ親しんだ生活を送ってほしいなとおもいます。

 

そうすることで、学校のテストや友達といくカラオケなどで音感が育っていて

恥ずかしい思いもしなくてすむのではと思います。

バイオリンをひいている人にとってはBAMのバイオリンケース

絶対的な存在かもしれません。

機能的でスタイリッシュなデザインはバイオリンのケースではとても素敵な形です。

 

自分の大切なバイオリンを入れるケースはやっぱり良い物を選びたいですからね。

 

しかも、軽いので持ち運びも億劫になりませんよ。

軽いのに頑丈なので、大切なバイオリンが傷つくこともないので、

安心してケースに保管できますね。

 

 

その分お値段ははりますが、一生使える程のケースなのでコスパはいいかもしれませんよ。

いろんな色や柄なども有りますので、自分のファッションなどにも合わせやすいのでおすすめです。

 

 

フランス製という部分も持っていてちょっと優越感を感じられるのではないでしょうか。

思い出すのは耳を澄ませばですね!

バイオリンを引く方ではなくて、作る少年の天沢聖司くんが思い浮かびます。

音楽をやっているおじいちゃんもいてとても素敵な映画ですよね。

 

あの映画を見て、バイオリンをひいてみたいとおもったことが有ります。

今バイオリンや他の楽器なども習い事ではやっています。

子供だけでなく、大人の音楽教室などがあるそうです。

 

しかし、バイオリンはやっぱり難しいので本気で取り組む気がないとちょっとむずかしそうですね。

 

ひいているテレビでの映像などをみても、なかなかうまくひくことが難しい用に思います。

 

だから小さなころから練習しているんでしょうね。

バイオリンは購入するにも結構な金額がかかると聞くので、

始めるには少しハードルが高いですが、持ってひいている姿を想像するとやってみたい気もします。

 

ピンきりですが、一番安くても10万円ほどすると聞いたことが有ります。

なかなかの価格ですが、レッスンのみの場合はバイオリンを毎回レンタルで化してくれる習い事もあるみたいですよ。

-->